【ままむんば】の牛島ベイスターズ応援ブログ別館


by baystars2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

いいじゃん、それでも。

横浜がソーサを門前払いしていた12月28日8時2分配信 スポーツ報知
横浜が、米大リーグ通算588本塁打の強打者、サミー・ソーサ外野手(38)の関係者から、獲得するよう打診されていたことが分かった。27日、横浜市内の球団事務所で亀井国際編成部長は「(年俸)5000万円でどうかと(今シーズン中に)言ってきた」と格安な売り込みがあったことを認めた。

 カブス時代の98、99、01年といずれもシーズン60本塁打以上を達成し、母国・ドミニカ共和国では国民的英雄だったソーサだが、かつての輝きはない。05年、オリオールズへ移籍した際には年俸20億円で契約したが、打率2割2分1厘で、わずか14本塁打。FAだった今季は、ナショナルズからの年俸6000万円を拒否して“浪人”していた。

 かつてのスーパースターに対し、横浜は「アメリカでやれない選手が日本でやれるはずがない。2か月で帰るよ」と球団幹部。門前払いしていた。村田や吉村ら若手長距離砲が成長してきたこともあり、「横浜・ソーサ」は幻に終わった。

=================================

すごい判断ですね、横浜球団幹部。強気です。

ひとつ聞きたい。
来期は誰で客呼ぶんだ?って。

若手の台頭っていうのは、ファンだから毎回見てればよく分る。
だけどさ、どうして横浜は興行的なもの少し見つけると、それに固執しちゃうかな。

クルーンの100mileなんていい例じゃないのか。
あれは客に見せるためじゃないのかな。
ラジオの企画、まさにそうだったんじゃないのかな。

でも負けつづけて、クルーンの出番もないことも多かった。

来期、多村が抜けて、その穴を誰が埋めるんだろう。
あんまり人気のない横浜に必要なのは
もっと足を運んでくれるお客さんを増やすことじゃないのかな。

若手だけで呼べるのだったら、あんなに内野がガラガラってことないと思うんだけどな。

地元球団がホームで開催したゲームで、対戦球団のほうがお客が多い。
何度見ただろう。

ソーサがやる・やらないの前に
5000万で、それを確実に相殺してくれる集客力を選択しても良かったんじゃないかと思う。

いいじゃん、2ヶ月で帰っても。
それでもメディアは確実に今以上に横浜のことを取り上げるし
露出が増えれば、変わる物だってあるんじゃないのか。

これが億単位を要求してるなら、話は別だけど
同じ5000万を取ってる選手と比較してみたんだろうか。

メジャーに詳しくなくても、ソーサを知ってる人は多いし
野球で活躍できてなくても、ボランティア活動での彼を知ってる人だっていると思う。
何も知らない人に、若手の名前とソーサを出したら
間違いなくソーサだけは知ってるって言うんじゃないのか。

いいじゃん、活躍できなくても。
球団経営を持ち直すために手をつけてみたってよかったと思う。

年末恒例のようにまた球団身売りの話も出てきてるようだけれど
横浜球団幹部は、ファンを不安にさせるのがうまいですねえ・・・・・。・゚゚・(>_<)・゚゚・。




さてさて。
こんな横浜素人ブログを読んでくださいまして、本当にありがとうございました。
心からお礼を申上げます。

縁あって、この12月から横浜市民になりました。
でも、街のどこにもベイの雰囲気は感じられません。
せいぜい、スーパーに「ベイスターズ・スティックシュガー」が売ってたことくらい。

所要で、父の実家である広島へ
この秋に何度か行きました。

新幹線を降りて、まず私を迎えてくれたのは
広島カープのグッズと、カープを常に一面扱いしているスポーツ新聞でした。

私が乗車した新横浜駅には、そんなものはありません。

広島の親戚の伯母は、別に野球は好きでもなんでもないのに
まるでお天気を語るように、「昨日のカープは勝ったねぇ」なんて
普通に口にしていました。

ベイにそこまでは望まない。
だって、関東圏に球団はいっぱいあるわけだから
地元球団ばかりを好きなる訳でもないですもんね。

だけど、ああいうの、目指してみようとは思わないのかな。

地域親交のために小学校を回ったりしてるんだから
地元の子供達は、みんなベイを好きになってほしいって思ってるんだと思う。
そこには、未来のベイを背負う子だってたくさんいるんだと思う。

だけど、そればかりじゃ球団は維持できない。
毎年出る身売りに、球団はろくなコメントも出さずファンを放置してしまっているような気がする。

ファンを置いてきぼりにしないでほしい。
そして、もっとベイが身近なものになれる努力をしてほしい。

それを望むのは酷だろうか。

いろいろなことで、残念なことが多かった2006年だったけれど
2007年は、もっと純粋に野球って楽しいんだな、そう思わせてほしい。
[PR]
by baystars2006 | 2006-12-31 13:24 | baystars