【ままむんば】の牛島ベイスターズ応援ブログ別館


by baystars2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

お金、あるじゃん

Excite エキサイト : スポーツニュース

<横浜>那須野投手に契約金5億円強 申し合わせ大幅上回る [ 04月11日 22時02分 ]

 プロ野球の横浜ベイスターズは11日、05年に日本大から入団した那須野巧投手(24)に、94年にプロ野球界で申し合わせた契約金の最高標準額(1億円プラス出来高払い5000万円)を大幅に上回る5億3000万円の契約金を支払っていたことを明らかにした。(スポーツ面、社会面に関連記事)

 佐々木邦昭球団社長は、横浜市中区の球団事務所で取材に応じ、契約金だけでなく、那須野投手に対し1年目の年俸も申し合わせの1500万円の2倍となる、3000万円を支払っていたことも公表した。

 佐々木社長によると、球団側は04年12月3日に那須野投手と契約金に関する覚書を交わした。当時明治大に在籍した一場靖弘投手(現楽天)への現金供与が発覚し、横浜の砂原幸雄オーナー(当時)が引責辞任した約1カ月後だった。

 昨年3月に東京日産モーターから就任した佐々木社長は「入社してすぐ事実を知った。04年の契約に基づいて行われた行為であり、(支払いを)差し止めようとは思わなかった。遺憾に思う」と説明した。契約金は5回に分け、那須野投手の個人口座に振り込まれ、今年1月の支払いが最後だったという。佐々木社長は過去5年間について、スカウトへの聞き取りや経理書類を基に調査したことも明らかにしたが、詳細についての説明はしなかった。

 一方、全日本大学野球連盟は11日、那須野投手の契約金のうち3000万円が日大の鈴木博識(ひろし)監督に渡ったとする一部報道について、東都大学野球連盟に調査を指示した。

 那須野投手は東京・駒場学園高から日大を経て04年秋のドラフトの自由獲得枠で横浜入団。昨年までの通算成績は24試合に登板、4勝10敗、防御率4.83。今季1勝を挙げている。

 最高標準額を超える契約金支払いは、西武の調査委員会(委員長・池井優慶大名誉教授)が、球団に過去15人(計11億9000万円)いたことを発表している。【田中義郎】

 ■「最高標準額」というあいまいな表現は、独占禁止法(独禁法)との関連による。93年のドラフト改革の際、プロ野球実行委が公正取引委員会に照会したところ、上限を明確にルール化することは独禁法第3条の「不当な取引制限の禁止」に抵触する可能性があるとわかった。このため最高標準額を1億円と申し合わせたものの、「あくまで標準額で、上限ではない」とするにとどまり、それを超えた場合の罰則も設けられていない。

 93年のドラフトでは1億6000万円を最高に、契約金1億円を超える新人が15人を数え、吉国一郎コミッショナー(当時)が遺憾の意を表明。翌94年、最高5000万円までの第2次契約金(後払いの出来高)を設けた。しかし、その後も有力新人の契約金は青天井だったことになる。

 根来泰周コミッショナー代行は、来季以降のドラフト改革論議の中で「(最高標準額に)拘束力を持たせることが出来るかなど専門家の意見を聞きながら検討していきたい」と話している。【神保忠弘】



===================================

おいおいおいおいおいおいおーい。
お金あるんじゃん(笑)ベイスターズ。
補強しろよ(笑)ほんとに補強しろよ(怒)

つーか、2004年のオフ、このお金で中日に行っちゃった
ウッズ引き止めりゃよかったのに。

横浜ってお金の使い方、へたくそっていうか
なんていうか・・・呆れるの通り越して笑えるw


那須野を何が何でも獲りたかったのはわかるけど

今現在は素晴らしい「中継ぎ」だけど

合計1億5千万以上はルールで出せないことを
当時22歳の若者に教えられないのか。球団もしょうがねーなぁ。


カネは結果を出して稼いで行けって教えろって。



しかし、那須野はこれからが厳しいんだね。
試合で四球病なんて出そうものなら
風当たり厳しいよな。

5億もらったら、もう働かなくても食っていける、
そう言われても仕方ないもんね。

でも、いいピッチャーだって思うから
いちファンとしては、がんばって結果出して
それに見合う選手になってほしー・・・・・
[PR]
by baystars2006 | 2007-04-12 00:02 | baystars

忍耐のシーズン

すいません、3ヶ月近くこのブログを放置してました^^;

なんか・・・自分の中でベイの存在がしぼんでいってたというか・・・
まぁ、自分の勝手な感情なんですが。

このシーズンオフ、ずいぶんと横浜関連の特集を見ました。
ほとんど工藤さんか仁志さんのことばっかりだったけど。

でも、工藤さんのうしろにチラチラと映るベイのメンバーの姿を見ては
ちょっと喜んだりもしておりましたww


そして、期待半分で迎えた3/30。
開幕の解説、牛島さんでしたね。

星野さん、松下さんの話はスルーして
牛島さんの話をしっかり聞かせていただきました(笑)

(しかし、星野ジャパンの投手コーチ姿を見たいなんて、前に書いたけど
始球式見て、そんな気持ちは吹っ飛びました。やらなくてよかったーーー!あの中には入って欲しくない(笑))

んで。
那須野のこと誉めてたなぁ。
いつもの「急にストライク入りません病」が治ってた^^;
番長がだめだったけど、その分、頑張ってたから
それもあるのでしょうか。



・・・・・で、3戦見終わって・・・ないや。
まだ3戦目の途中。
スカパー解約しちゃったんで、地上波しか見てないけど
今日はもう見なくてもいいや。
(って、今は9回表Y0-G8でG満塁・・・って、これで打たれたら立ち直れねぇ)


工藤さん、大炎上ですか。
4回裏、大矢さんはもうこのゲームを捨てたってのは分ったけど
残りのバッターは抑えて戻ってこいよ?って言いたかったんだよね?

それもむなしく・・・

んで、今年も打てませんな。

なんでこんな打てないの~;;


来週にはスカパー設置予定です。
さぁ、忍耐のシーズンの始まりです・・・・・・・か?




【追記:17:10 9回表】
吉原押し出しでY0-G10 那須野にP交代。那須野、今期は酷使の予感・・・
[PR]
by baystars2006 | 2007-04-01 17:10 | baystars